« システム開発の対価はどうあるべきなのか | トップページ | 「アーキテクトはコードを書くべし」 »

2006年8月30日 (水)

チープだけど効果的な「ソリューション」

何だか、感心してしまいました。

「ちょっと、その操作を見せてください。」と言って見せてもらった。まさに、単純作業だった。ページを開いてコピーして、次ページをクリックしてコピーして... 「これっ、パソコンで自動処理させませんか?」と言ったところ、「そんなことできるの?」という。

 パソコンのキーボードマウスの動きをプログラミングさせることが出来るのだ。これを使って、単純作業をパソコン自身に覚えこませて起動することで、自動化が実現できるのだ。

単純作業は派遣を使うより、プログラミング - ITコンシェルジュの Try ! & Error ? [ITmedia オルタナティブ・ブログ]

個人的な印象なのですが、「キーボード・マウス操作の記録・再生」を行うソフトウエアというのは、「テストの自動化」の文脈でよく出てくるように思います。「これで回帰テストが簡単にできます」みたいな謳い文句で。

でも、このソフトウエアで、「単純作業を自動化」というのは、考えもしなかったですね。恥ずかしながら。

プログラマにとっては「単純作業を自動化」というのは、日頃から意識して実行することですけど、これは主として、「スクリプト言語 で自動化」というアプローチでして。UNIX系OSなどの「テキストべース」のインターフェイスが好まれるのも、ひとつには、これが念頭にあるわけです。コマンドをテキストファイルに並べてやるだけで、自動化できますから。(もちろん、これはこれで大事なことだと思います。プログラマにとっては。)

しかし、「キーボード・マウス操作の記録・再生」だけなら、プログラマでなくとも簡単に出来てしまうので、本当に、「チープで効果的」(褒め言葉です)なアイデアだと思いました。

特に、中堅・中小企業のお客さまには、こういった方法は、すごく受けると思います。多少、不細工でも、お金をかけずに目的(効率化など)を達成する。大げさで高価な「ソリューション」よりも、こういったものの方が喜んでいただけますね。

|

« システム開発の対価はどうあるべきなのか | トップページ | 「アーキテクトはコードを書くべし」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« システム開発の対価はどうあるべきなのか | トップページ | 「アーキテクトはコードを書くべし」 »