« 「アーキテクトはコードを書くべし」 | トップページ | Rakeを使ってSQL-DDLファイルを作る »

2006年9月 1日 (金)

プロジェクト管理ソフトウエア

「一番書類の量と種類が多い生産業は建設だ」といわれる。その書類も、仕様書、質疑応答書だけでなく、図面や工程管理表など多様に渡る。加えて、施主、建築家、コンサルタント、下請け、サプライヤー、インスペクターなど非常に多くの人を巻き込むのがこの仕事。だから、そういった情報を総合的に管理するソフトウェアが必要とされている。
MOZANBLOG: 建設管理用ソフトウェア

私には、建設業のプロジェクト管理に特有の要件、というのは、門外漢ですのでわかりませんが。プロジェクト管理の「一般的な要件」と思われるものを、以下の3点に絞ってみます。

  1. 書類(電子ファイル)を関係者間で共有する。
  2. 上記ファイルに対して、承認・未承認などのステータスを付ける。
  3. 関係者間で、質疑応答などの連絡事項(コメント)をやりとりする。

キーワードは、「ファイル共有」、「コラボレーション」といったものになりそうですかね。一般的には、グループウエアと呼ばれるソフトウエアの機能になりそうです。

ここで、ソフトウエア開発の世界で、よく知られているものを、2つ紹介したいと思います。

--
1) Basecamp

Web上の「サービス」として提供されている、プロジェクト管理ソフトウエアです。ファイル共有のディスクスペース5GBのもの("Our best plan")で、月額149ドル。ファイル共有には、自前のファイルサーバ("use your own SFTP server for storage")も使えるらしいですね。

機能としては、ファイル共有、ファイルのステータス管理、コメントのやりとりの他、ToDoリスト、簡単なスケジュール管理など。かなり機能を絞ったシンプルな構成のようです。

2) Trac+Subversion

こちらは、「ソフトウエア開発のプロジェクト管理」ですけども。
Subversion(SVN)は、ファイルの版管理と、メンバー間共有に使用します。Tracは、ファイルのステータス管理、コメントのやりとり、などに使用します。両ソフトウエアともに、オープンソースで、ライセンス料は不要です。

ただ、ソフトウエアが無料でも、自前でサーバマシン・ネットワーク回線などを用意して、「サービスを構築」となると、結構、費用がかかりそうですね。
--

他には、サイボウズOffice などのグループウエアも、工夫すれば使えるかもしれませんね。そのうち、Googleが無料でグループウエアを提供したりするかも...

最近は建設業界の人を積極的に雇ってこういったプログラムを開発しているようだが、まだ開発の中心はソフトウェアエンジニアだ。だから、彼らは建設のこういった複雑性を無視して、「ライセンス一個○○ドルが業界平均」と値段を勝手に決めてしまう。

特定業界向けのソフトウエアは、マーケットが限定されるせいか、とても高額であることが多いですね。価格低下も起こりにくいですし。そこがソフトウエア・ベンダーの狙いのような気もします。

となると、費用対効果を考えるなら、もっと一般向けのソフトウエアを「工夫して」使うか、あるいは、オープンソースのソフトウエアをベースにして、自分で作るか、といったあたりが「落としどころ」ですかねえ。

|

« 「アーキテクトはコードを書くべし」 | トップページ | Rakeを使ってSQL-DDLファイルを作る »

コメント

トラックバックありがとうございます。BaseCampはすぐにチェックしてみます。一つのプロジェクトの図面だけで大体2GBあるので適当かどうかは難しいところですね。

建設の管理は非常に複雑です。まず施工前は見積もりを下請け何十社と共同しながら行います。見積もり中に設計図のアップデートも頻繁。仕事が取れた後は、施主、建築家、下請けの間のコミュニケーションを保つのがゼネコンです。遅れや増額などをトラックするのはもはや方程式の世界です。

だから、最近考えているのは、アートフィシャル・インテリジェンスを組み込んだソフトウェアで、データ管理以上のものです。

そういったプログラムは私の知っている限りでは、一つだけ存在します。

投稿: Mozan | 2006年9月 1日 (金) 14時28分

Mozanさん、コメントありがとうございます。
Blogをいつも興味深く拝見させていただいてます。

>一つのプロジェクトの図面だけで大体2GBあるので
>適当かどうかは難しいところですね。
やはり、そうですか...
ディスク単価は物凄い勢いで下がり続けてますので、
遠からず10GB、20GBのプランも出てくるかもしれません。
例えば、Box.net(http://www.box.net/ )という、
ファイル共有サービスでは、15GBのプランがあるようですし。

>だから、最近考えているのは、
>アートフィシャル・インテリジェンスを組み込んだソフトウェアで、
>データ管理以上のものです。
少なくとも、データ管理といいますか、
「一般的な事務作業」に入る部分であれば、
安価なソフトウエアは存在すると思います。
これに、Mozanさんの考える
(「遅れや増額などをトラックする」?)ものを、
うまく「アドオン」出来れば、
コストを抑えられるかもしれませんね。
(BasecampもAPIを公開しているようです)

投稿: ron | 2006年9月 2日 (土) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「アーキテクトはコードを書くべし」 | トップページ | Rakeを使ってSQL-DDLファイルを作る »