« ITシステム開発における「オーナーの弱さ」 | トップページ | スケールの問題 »

2007年1月30日 (火)

ソフトウエアのミッシングリンク

データが重要

...ユーザーにとっては、ソフトウェアのコードが自分のものでなくてもいい。しかし、自分が作成して編集し、蓄積したデータは自分のものだ。

文:John Milan,翻訳校正:吉井美有,「ソフトウェアの突然変異:ミッシングリンクを予見する」,CNET Japan,2007/01/30 08:00

コンピュータを利用する上で、データが最も重要ということは、ITシステムの開発を行なう人間であれば、身にしみていることだと思います。

ITシステムを構成するものの寿命は、データ>ソフトウエア>ハードウエアの順で、業種にもよりますが、データの寿命は半永久と考えて良いと思います。2000年問題の例で分かるように、ソフトウエアの寿命も予想以上に長いですけどね。30年くらいはいきますかね。

企業のITシステムでは、長年にわたって、システムが使われ続けていますので、データが最重要であることはほとんど常識なのですが、コンシューマ向けの領域においても、このことがより重要なポイントと認識されつつあるのかもしれませんね。今さらなのかもしれませんけど。

企業のシステムにおいては、それこそ私達のような業者が、各アプリケーションのデータ交換を行なう部分を作り込むわけですけども、コンシューマ相手の場合はそうはいかないですね。データ・フォーマットの標準化が強く求められる所以でしょう。

しかし、例えば、OpenDocument Format  のような試みは既に行なわれているわけですが、データ・フォーマットを標準化するだけではうまくいかないのですよね。結局、各アプリケーションでデータのセマンティクスを完全に統一することができないからでして。

引用先は、同じ種類のアプリケーションでのデータ交換ではなく、異なる種類のアプリケーションでのデータ交換についてですので、話は違うのですけどね。しかし、異なるアプリケーションでもセマンティクスの問題は起きるでしょうね。

|

« ITシステム開発における「オーナーの弱さ」 | トップページ | スケールの問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/5143146

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトウエアのミッシングリンク:

« ITシステム開発における「オーナーの弱さ」 | トップページ | スケールの問題 »