« 体系化された知識 vs 断片的知識 | トップページ | APジェネレータ »

2007年2月21日 (水)

コミック・ベースド・ストーリーボード

漫画を使ってシステム利用のシナリオを説明しよう、という話です。

最近知ったのだけど, sun.com のデザイン・チームは検討過程におけるコミュニケーション手法のひとつとして 「コミック・ベースド・ストーリーボード」 というのを使ってるんだそうだ. サービス利用の一連の流れをマンガっぽくみせることで, デザインの専門家ではない実際の利用者からの意見を得やすくするらしい.
sun.com 謹製コミック・テンプレート - tkudo's weblog about identity management,Feb 14, 2007

StarOfficeまたはOpenOffice用のテンプレートがあるみたいですね。

 Design Comics: An 0.9 Version You Can Use

バレエの「くるみ割り人形」のチケットを、オンラインで買おうとして...という例が載っていますね。

もっと長いもので、”customer ratings system”の例が以下にあります。

Examples of Comics in Designing Customer Experiences

面白いですけど、職場によっては、ここまでくだけると怒られるかもしれませんね。

「これはポンチ絵(漫画絵)なのですけど...」
「マンガとは何だ!!」

どこかでこういう話があったような気がします。

まあ、大抵の人は喜んでくれると思いますけどね^^)

|

« 体系化された知識 vs 断片的知識 | トップページ | APジェネレータ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/5426121

この記事へのトラックバック一覧です: コミック・ベースド・ストーリーボード:

« 体系化された知識 vs 断片的知識 | トップページ | APジェネレータ »