« 新聞の「客観報道」と「われわれの意見」について | トップページ | 個人情報864万件が流出 »

2007年3月13日 (火)

「働きがいのある会社」ランキング

というのがあるそうです。

「働きがいのある会社」を取り戻せ-IIJが日本生まれのIT企業でトップになった理由:ITpro

アメリカでは10年前から始めたそうで、フォーチュン誌で結果が公表されているとのことです。アメリカでの今年の1位がGoogle。

日本では今回は初めてとのことで仕方がないのでしょうが、62社というのはちょっと寂しいですね。

従業員へのアンケートをもとにスコアを作るそうですが、実際にアンケートを行なうのは、調査対象の各社に任されるみたいです。この方法ですと、否定的な評価は出にくくなるように思えるのですが。

具体的には「管理者は,えこひいきをすることはない」「裏工作や他人を誹謗中傷する人はいない」「昇進すべき人が昇進している」という設問に対し,否定的な評価をする人が多かったということだ。

 このほか「信用」や「尊敬」に対する点数も他国に比べて低かった。「経営陣は約束したことをきちんと果たしている」「経営陣は言うこととやることが一致している」という項目への評価が低い。

アンケートのやり方が良く出来ているのか、比較的風通しの良い会社が対象となったせいなのか...

こういったアンケートの設問は、Noが答えとなるように作るのが良いそうで。でも設問がやや刺激的な表現のような気もします。

|

« 新聞の「客観報道」と「われわれの意見」について | トップページ | 個人情報864万件が流出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/5669789

この記事へのトラックバック一覧です: 「働きがいのある会社」ランキング:

« 新聞の「客観報道」と「われわれの意見」について | トップページ | 個人情報864万件が流出 »