« 自動車制御OS | トップページ | 首都圏医療崩壊ドミノ »

2007年3月31日 (土)

情報処理技術者が不足?

2007年3月27日付けの日経新聞朝刊の記事です。

厚生労働省によると、情報処理技術者の一月の有効求人倍率(パートを含む常用雇用ベース)は、3.68倍。全職種平均の1.09倍を大きく上回っており、同分野の技術者不足が鮮明になっている。

「転職サイト各社 『情報処理技術者』に重点」, 日本経済新聞, 2007年3月27日朝刊15面

2月の値で見ると、情報処理技術者の有効求人倍率は3.71倍、全職種では1.09倍となっていますね。

厚生労働省:一般職業紹介状況(平成19年2月分)について:職業別一般職業紹介状況[実数](常用(含パート))

他の職種の値も併せてみますと、上から6番目に位置しています。

建設体工事の職業 6.25

医師、歯科医師、獣医師、薬剤師 6.11

機械・電気技術者 4.74

保安の職業 4.67

接客・給仕の職業 3.84

情報処理技術者 3.71

長期時系列表からグラフを作ってみました。

Graph20070331_1

 








2年ほど前に3倍を超えたみたいですね。

現場でも不足感は相当あります。中国系・インド系の技術者の方も良く見かけるようになりましたね。今後、国内だけで技術者が充足することはないように思います。

今後を見据えれば、オフショア開発も必要なのは確かでしょうね。オフショア開発は、良く見受けられるような、安く買い叩くような発想ではなく、かの地の技術者の方々と、長期に渡るパートナーシップを築く考えで進めるべきと考えます。

|

« 自動車制御OS | トップページ | 首都圏医療崩壊ドミノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/5918479

この記事へのトラックバック一覧です: 情報処理技術者が不足?:

« 自動車制御OS | トップページ | 首都圏医療崩壊ドミノ »