« 最大最難の「メディアリスク」 | トップページ | プログラミング言語 Erlang »

2007年4月27日 (金)

Open Source Flex

アドビ・システムズのWebリッチクライアント開発ツール、Flexがオープンソース化するそうです。

Adobe is announcing plans to open source Flex under the Mozilla Public License (MPL). This includes not only the source to the ActionScript components from the Flex SDK, which have been available in source code form with the SDK since Flex 2 was released, but also includes the Java source code for the ActionScript and MXML compilers, the ActionScript debugger and the core ActionScript libraries from the SDK. The Flex SDK includes all of the components needed to create Flex applications that run in any browser - on Mac OS X, Windows, and Linux and on now on the desktop using “Apollo”.

Developers can use the Flex SDK to freely develop and deploy Flex applications using either Adobe Flex Builder or an IDE of their choice.

Flex:Open Source - Adobe Labs

Flex2で、SDKが無料提供されており、ActionScriptコンポーネントのソースコードが利用可能になっていますが、それに加え、ActionScript/MXMLコンパイラ、同デバッガ、ActionScriptコアコンポーネントのソースコードが利用可能になる予定とのことです。ライセンスは、Mozilla Public License(MPL)になるそうです。

最近は、リッチなWebアプリケーション構築案件の引き合いが増えてきています。Flex+サーバサイドJavaという組み合わせは、有力な選択肢になるかもしれませんね。オープンソース化のニュースは、Flex普及の後押しになりそうです。

この領域では、今は.Netが強いようですが、この選択肢が対抗馬になれば有難いですね。Windowsプラットフォームの縛りがないのが良いです。

|

« 最大最難の「メディアリスク」 | トップページ | プログラミング言語 Erlang »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/6224620

この記事へのトラックバック一覧です: Open Source Flex:

« 最大最難の「メディアリスク」 | トップページ | プログラミング言語 Erlang »