« 情報処理技術者が不足? | トップページ | RAIDの基本 »

2007年4月 1日 (日)

首都圏医療崩壊ドミノ

「レジデント初期研修用資料」さん、「神奈川県の現状」 より。

  • 病院間のネットワークは、すでに十分に機能している。某大学にネットワークの本部があって、電話一本で救急対応可能な搬送先を紹介してくれる。ところが稼働している病院が減っているため、横浜から問い合わせて搬送先小田原とか、神奈川/東京全滅で、搬送先はヘリで千葉県とか、どんどん遠くなっている
  • 搬送中は医師が同乗する。どの施設も人数ギリギリなので、たとえば往復に3時間かかると、その間病棟をみる人が誰もいなくなったり、外来がストップしたりで病院の機能ががた落ちしてしまう
  • 千葉県の亀田総合は「最後の砦」の一つだが、現場が疲弊して、救急対応がいつまでできるか分からない

「元検弁護士のつぶやき」さん、「東金病院産婦人科、4月から休診」コメント欄より。

No.1 tomo さんのコメント | 2007年03月07日 20:58 
千葉県の外房エリアは、しばらく前から相当な医療過疎になってます。
公立長生病院もずいぶん前に分娩取扱をやめましたし、最近では銚子市立病院も分娩を取り扱わなくなったということです。国保成東病院で細々と分娩を扱っている以外は、旭中央病院と鴨川の亀田総合病院の間(九十九里浜の長さよりも、更に距離があります)に、分娩可能な『病院』がないのが現状です。
数少ない産科診療所は、どこも分娩予約であふれかえっています。いざというときの母胎搬送先は、どちらを向いても救急車で60~90分くらいかかり、県のドクターヘリ搬送も日没後は対応していません。
茂原市などでは、内科外科など一般の二次救急の夜間待機病院がない夜が月の半分程度あり、市外の病院にお願いしている状況のようです。
一応、首都圏であるはずの千葉県ですが、こんな感じです。

No.4 ひみつさんのコメント | 2007年03月08日 00:25
千葉県は外房だけではなく、銚子を基点に利根川沿いの北総地域の産科もきわどい状況になってきています。また、利根川沿いは茨城県に隣接している事もあり、科を問わず3次の病院が少ない茨城県南部からの搬送も受けている状況です。ドクターヘリも茨城県と協定を結んだため越境出動することもあります。

そのせいかどうか分かりませんが、昨年のドクターヘリの出動回数も全国一だったようで、1日平均2回以上飛んでいる数字だったように思います(データ元はイカロス出版のヘリコプター関係の雑誌)
事実、身内がドクターへリポートのある日本医科大学に入院した時、毎日ヘリは飛び立ち、1日3回飛び立つなんて日もありました。このように頻繁な出動を目の当たりにして、千葉県の医療機構の維持だけではなく、ドクターヘリの体制自体もいつまで持つか・・・と不安に思うところであります。

No.6 いなかの内科勤務医さんのコメント | 2007年03月08日 08:56
わたしは実は渦中にある外房の市中病院に勤めているのですが・・・。上記でいうところの「お願いされる市外の病院」です。
成東病院に続き長生病院も内科医辞職、県立循環器センターも内分泌代謝医がいなくなり、当院への患者紹介も増えています。
夜間など、20~30kmの遠路救急車に乗って患者がやってくることもあります。
それがまた単なる胃腸炎だったりして、「帰っていいですよ」と伝えると、「安心しました。ところでここはどこですか?随分田舎のようですけど・・・」と言われます。
茂原は十万人都市なのに、夜間救急が手薄で非常にまずいなあ・・・と思っていましたが、うちの病院も対岸の火事を傍観している立場から転落しそうです。研修医制度のあおりをうけ、春から内科医が4→3人に減り、診療縮小もやむなし、です。

一体どうなってしまうのか・・・。

亀田総合病院は、平成19年4月より小児科診療を縮小とのことだそうです。

2007.03.12 小児科外来を受診される患者さまへ

現在、小児科医の確保に全力で取り組んでおりますが、現状では亀田クリニックの小児科診療枠を減らさざるを得ません。

また、亀田総合病院の救急外来では原則として日曜・祝日の17時以降、および平日の20時以降は小児科医による初期対応が困難なため、小児科を経験した家庭医診療科・総合診療科・救命救急科の医師が担当いたします。

患者さまには待ち時間などでご迷惑をおかけいたしますが、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

「ssd's Diary」さんによると、10名中6名の小児科医師の方々が、3月末でお辞めになるそうです。

ssd's Diary: 国循ほどではないけれど 

|

« 情報処理技術者が不足? | トップページ | RAIDの基本 »

コメント

はじめまして、興味深く読ませていただいております。
医療崩壊マップ、神奈川県の産科でも堀医院とか掲載していただけませんか、産科以外の崩壊もお願いします。
もはや、患者のためという錦の御旗では誰も動かなくなりましたね。
ポスドクの医者はドンドン企業の研究所に異動しているようですよ。

投稿: 鬼瓦権三 | 2007年5月 3日 (木) 10時02分

鬼瓦権三 さん、コメントありがとうございます。

>医療崩壊マップ、神奈川県の産科でも堀医院とか掲載していただけませんか、産科以外の崩壊もお願いします。

現在は、中間管理職さんのブログにある産科・小児科休止リストをベースに、病院HPで確認のとれるものを掲載しています。堀医院はHPがないみたいですね。産科・小児科以外については、良いソースが見つかれば検討させていただきます。

プロット作業、実は地道に続けていますが、やっていると気がめいります。

>もはや、患者のためという錦の御旗では誰も動かなくなりましたね。
>ポスドクの医者はドンドン企業の研究所に異動しているようですよ。

きっと、その方が遥かにWork-life balanceが良いでしょうね。医師であれば、臨床以外にもいくらでも仕事はあるでしょうけど。医師が臨床現場にいられないとは、おかしな世の中です。

投稿: ron | 2007年5月 3日 (木) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/5936040

この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏医療崩壊ドミノ:

« 情報処理技術者が不足? | トップページ | RAIDの基本 »