« 俗物的世代論 | トップページ | プロジェクト・マネジメントの極意 »

2007年5月26日 (土)

産科医小説「無過失」

近所の本屋さんで平積みになっていました。

ノーフォールト Book ノーフォールト

著者:岡井 崇
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大学病院の産科が舞台(!)。医師の過酷な勤務、劣悪な待遇、医療訴訟、病院の赤字経営など、現代の日本医療の問題がすべて盛り込まれている感じです。

一般の書店にこういう本が平積みで並ぶのは、やはり早川書房の力なのでしょうか。「チーム・バチスタの栄光」の一連のシリーズの横につんでありました^^)

|

« 俗物的世代論 | トップページ | プロジェクト・マネジメントの極意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/6561423

この記事へのトラックバック一覧です: 産科医小説「無過失」:

« 俗物的世代論 | トップページ | プロジェクト・マネジメントの極意 »