« 産科医小説「無過失」 | トップページ | CodeGearのRuby on Rails統合開発環境 »

2007年5月27日 (日)

プロジェクト・マネジメントの極意

MOZANさんの記事より。「ベビーシッティング」という言葉があるんですね。「箸の上げ下げまで」という感じでしょうか。

サブコンは最低金額で仕事を落札してきたものだけが選ばれるが、もちろんコストを下げた最低金額にするために、サブコンはその仕事に出来る限りお金をかけないようにする。だから、仕事も手抜きになるし、マネジメントによる管理も弱くなる。すると、彼らに代わって元請けであるゼネコンが時間をかけてそのサブコンを管理しなくてはいけなくなる。業界では「ベビーシッティング」つまり、「赤ちゃんの面倒をみる」という言い方をする。

...

建設に限らず、全てのプロジェクトの大半の時間は「待ち」と「コーディネーション」に消えるという事実はここにある。工程計画表のほとんどが役に立たないのもコレが理由。コストとロスタイムは同等なので、工程表に従った厳しい管理は逆に「管理費」というコスト上のロスが生じる。 ...

MOZANBLOG: 安い施工会社は本当に安いのか, May 26, 2007

岸良 祐司 著「目標を突破する実践プロジェクトマネジメント」(2005, 中経出版)という本にも、これと似た話が出てきます。

...単価に注目したコストダウンには落とし穴があることも教えてもらった。工事原価を下げるために安い作業員を使うと、逆に管理や手直しに手間がかかることが多く、下手をすると納期が遅れてしまうことも多々あるという。

...

...もしも不幸にも2日の遅れが発生したとしよう。するとたった2日でトータルのコストは540万円に跳ね上がってしまう。これこそ、「安物買いの銭失い」だ。

p.128-129

ITシステム開発のプロジェクトも同様だと思います。個々のタスクを早く確実に完了させていくことが、プロジェクト成功の決め手なのでしょうね。

私が、オフショア開発と国内開発、どちらがコスト面で優位か、一概には言えないと思うのが、これがあるからです。オフショア開発は、単純に人件費の単価では、非常に有利ですが、管理コストとロスタイムは、結構大きなものがあると思います。国内開発の場合は、逆の構図になりますね。

結局、インド・中国の企業との競争も、マネジメント力と技術力の勝負ということになるのではないですかね。楽観はできませんけど、あまり悲観的になる必要もないと思っています。

---

CD‐ROM付 目標を突破する 実践プロジェクトマネジメント Book CD‐ROM付 目標を突破する 実践プロジェクトマネジメント

著者:岸良 裕司
販売元:中経出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 産科医小説「無過失」 | トップページ | CodeGearのRuby on Rails統合開発環境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/6565633

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト・マネジメントの極意:

« 産科医小説「無過失」 | トップページ | CodeGearのRuby on Rails統合開発環境 »