« プロジェクト・マネジメントの極意 | トップページ | 実際のディスク障害 »

2007年6月23日 (土)

CodeGearのRuby on Rails統合開発環境

CodeGearデベロッパーキャンプには、残念ながら参加しなかったのですが、この統合開発環境(IDE)には注目しています。

Rubyのような動的型付け言語でも、ソース内で型が定義されていれば、その型情報を利用して、コード補完、リファクタリングを行なうことは当然可能なのでしょうけど、このIDEではそれ以上のことを実現するみたいですね。

「Ruby IDEは、エキスパートにとっても生産性を上げられるツール。コードコンプリーション、リファクタリング、タイプブラウザ、ナビゲーションなどの機能を提供します」。これまでのIDE開発で培ってきたノウハウを生かしつつも、「動的スクリプト言語のサポートには、静的な言語とは異なる難しさがあります。例えばコードジェネレーションのように、まだ実装していないメソッドについてもコードコンプリーションを行う必要があります」。

CodeGear、Ruby統合開発環境の詳細を明らかに, @IT

----

CodeGearが提供するRuby on Railsテクノロジーの主な機能は以下のとおりです。

  • コード補完、リファクタリング、タイプブラウザとナビゲーションなどの高度な機能を利用できるRuby and Railsをフルサポートした完全な統合開発環境
  • コマンドライン開発のパワーと、IDEやウィザード、CodeInsightなどの使いやすさと生産性を独自にブレンドした革新的な新機能「Commander」
  • リレーションシップやロケーション、フォーマットが異なってもすべてのリソースに対してシームレスに働く「依存性の可視化とナビゲーション」
  • Ruby、Rails、Gems、データベースを含む、開発から配布までのフルセットモジュール

CodeGear、アジャイルWeb 2.0開発をサポートするRuby on Rails向け開発環境の概要を公開, CodeGear Developer Network

----

ビデオ - 「CodeGearのRuby開発環境プレビュー」, CodeGear Developer Network

「実装していないメソッドについてもコードコンプリーション」というのをどう実現したのか、詳細はないようですが、Railsフレームワークのconventionを利用して予想する、という方向のようですね。

動的に実装された機能も含み、RubyおよびRails固有のコード補完とリファクタリングをサポートしている点も大きな特徴。「Rubyは動的言語なので、IDEを作る人間にとっては”地獄”のはず。にもかかわらず、コード補完を実現しているのがすごい」(まつもとゆきひろ氏)。動的型付けの言語は実行されるまでどのメソッドが実行されるか予想が難しいという特性があり、コード補完の実装は一般的に困難だ。Shelby Sanders氏は「Railsは規約があるので、これを頼りにがんばった」とする。

Matz:コード補完を実現しているのがすごい--CodeGear Ruby IDE, ZDNet Japan

コード補完とリファクタリングというのは、馬鹿にできない機能だと思います。Javaの開発に、Eclipse JDTを使っていて、一番感心するのが、このあたりの機能なのですよね。いちいちマニュアルを参照しなくても、うろ覚えでコードが書けてしまうのは、すごいと思います。

”Java vs Ruby”の比較で、よく話題に出るのが、Rubyの開発環境にはコード補完とリファクタリングの機能がない、という点ですから、この点がクリアされると、Rubyも新しい段階へと進みそうですね。

|

« プロジェクト・マネジメントの極意 | トップページ | 実際のディスク障害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/6895242

この記事へのトラックバック一覧です: CodeGearのRuby on Rails統合開発環境:

« プロジェクト・マネジメントの極意 | トップページ | 実際のディスク障害 »