« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年7月 3日 (火)

消費者物価が上がらない

という話です。なぜなのでしょうかね。
情報通信業界の”last one mile”を思い起こさせる話だと思いました。

2007年7月2日の日本経済新聞朝刊に掲載された、日清オイリオグループ社長 大込 一男氏のインタービュー記事を引用します。

「 ... 今回ほど様々な農産物が同時に高騰したことはなかった。最大の要因は中国を中心に、世界の需要が急拡大していることだ。最初に石油の需要が増え、鉄鉱石や金属が値上がりし、波は食糧資源に押し寄せた」

...

「デフレが長期化した要因には小売の過当競争や少子高齢化、所得の伸び悩みに加え、食べ物はいつも余っているという『飽食慣れ』がある。ところが日本を一歩出れば各国が食糧資源を奪い合い、売り手優位に変わった。我々も原料確保には苦労している。海上運賃の上昇や円安もコスト高を加速している。日本国内だけは買い手優位のままで、安く買えるという考えはおかしい」

「月曜経済観測 農産物価格の先行き」, 日本経済新聞 2007年7月2日 朝刊5面

本日2007年7月3日の日本経済新聞朝刊に掲載された、日銀短観に関する記事でも、同様の見解が出ていますね。

短観では企業の仕入れ価格が大幅に上がったにもかかわらず、販売価格にあまり転嫁できていない状況を示した。 ...

・・・

原材料高や円安で五月の企業物価指数は前年同月比二.二%上昇した。しかし、小売段階の価格動向を示す五月のCPI(生鮮食品を除く)は前年同月比〇.一%下落。経済企画協会の民間エコノミストへの調査によると、七-九月期まで小幅下落が続くとの見通しとなった。

「短観 物価動向焦点に 仕入れコスト上昇 価格転嫁難しく」, 日本経済新聞 2007年7月3日 朝刊3面

最後は、いつも読ませていただいていますブログ、「食の安全を裏で支える三流商社マン」さんの記事を引用させていただきます。

たとえばですが、缶詰用マグロ(いわゆるシーチキン)原料の国際相場は、
2006年1月から比較すると、 60%以上高くなっています。
プラス円安。いまだに末端売価が上がらないのは、いったいなぜか??

まず、我々生産者、納品会社が極限まで利益を削りました。
次に、中間流通業者さんも利益を削りだしました。
末端の販売者がどうかは知りません。
が、少なくとも、内容量の変化、混ぜ物の比率の変化は起こっているようです。。。
そろそろ限界でしょうけど。。

食の安全を裏で支える三流商社マン 日経新聞より

昨年「いざなぎ景気超え」が話題になったように、景気が回復してずいぶん経つはずですが、未だに消費者物価が上がらないのは確かに不思議です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »