« 日本の相対的貧困率 | トップページ | 診療報酬改定と医療経営の不思議 »

2007年12月14日 (金)

Windows で Emacs Muse を試してみる

Emacs Muse。Windows版 GNU Emacs 22.1 で試してみました。

Emacs Muse is an authoring and publishing environment for Emacs. It simplifies the process of writings documents and publishing them to various output formats. Muse uses a very simple Wiki-like format as input.

こういうシステムって何て言えばいいんでしょうかね。MarkdownやWikiのような記法で書いたテキストを、HTMLその他で出力できるシステムです。

インストール

以下を参考にさせていただきました。

emacs-muse のインストールと設定

MuseのREADMEによりますと。

Run `make' as a normal user, if you haven't done so already.

Run `make install' as the root user if you have chosen installation locations that require this.

とありまして、makeを使ってインストールするようになっています。おそらく、Makefileの中身はファイルのコピーと、Emacsを使ったelispのバイト・コンパイルなのでしょう。私はCygwinを使って、実行しました。Makefile.defsというファイルにインストール先等の情報を、以下のように入力して、”make"、"make install"を実行します。

Makefile.defs

EMACS    = /cygdrive/c/emacs-22.1/bin/emacs.exe
SITEFLAG = --no-site-file
PREFIX   = /cygdrive/c/emacs-22.1
ELISPDIR = $(PREFIX)/site-lisp/muse
INFODIR  = $(PREFIX)/info

EMACS に、Emacsの実行ファイルをフルパスで指定。PREFIXには、Museの各種ファイルコピー先のルートとなるディレクトリをフルパスで指定します。

設定(.emacs)

以下、 .emacsファイルの設定です。

.emacs

(add-to-list 'load-path "c:/emacs-22.1/site-lisp/muse")

(require 'muse-mode)     ; load authoring mode
(require 'muse-html)     ; load publishing styles I use
(require 'muse-latex)
(require 'muse-texinfo)
(require 'muse-docbook)

(require 'muse-project; publish files in projects
(require 'muse-wiki)

(setq muse-html-encoding-default 'japanese-shift-jis-unix)
(setq muse-html-charset-default "shift_jis")

(setq
muse-mode-hook
'(lambda ()
    (setq coding-system-for-write 'japanese-shift-jis-unix)
    (setq coding-system-for-read 'japanese-shift-jis-unix)))

どうも、MuseはCRLFを改行と認識してくれないようです。それで改行をLFにしました。

htmlize.el のインストール

私が一番試してみたかったのが、”ソースコードの色づけ”機能だったのですが。これは、Museの機能ではなく、htmlize というelispの機能だったようで。

If you have htmlize.el version 1.34 or later installed, you can publish colorized HTML for source code in any major mode that Emacs supports by using the <src> tag.  If not publishing to HTML, the text between the tags will be treated like an <example> tag.

 Muse Quick Start

以下から、  htmlize.el を入手しました。

[http://fly.srk.fer.hr/~hniksic/emacs/htmlize.el]

.emacs

(add-to-list 'load-path "c:/path/to/htmlize")
(require 'htmlize)

試してみる

というわけで、このエントリを、Museを使って書いてみました。改行コードと文字コードで、少しハマりましたが、何とかうまくいったようです。各所で引用したソースコードには、ちゃんと色づけがされていると思います。プロジェクトとか、他の機能はまだ試していませんが、その辺はおいおいやってみようかと思っています。

|

« 日本の相対的貧困率 | トップページ | 診療報酬改定と医療経営の不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/9404712

この記事へのトラックバック一覧です: Windows で Emacs Muse を試してみる:

« 日本の相対的貧困率 | トップページ | 診療報酬改定と医療経営の不思議 »