« 公務員は「サービス業」なのか? | トップページ | 小姑の国 »

2008年7月 2日 (水)

「量刑」の問題

行為の良し悪しをいえば、悪いに決まっているわけでして、残るは「罪」と「罰」のバランスの問題でしょうね。

「教員、大聖堂に落書きで解任の危機」−−。イタリア・フィレンツェの大聖堂に落書きをした日本人が、日本国内で停学や務めていた野球部監督の解任など厳しい処分を受けていることに対し、イタリアでは「わが国ではあり得ない厳罰」との驚きが広がっている。

イタリアの新聞各紙は1日、1面でカラー写真などを使い一斉に報道。メッサジェロ紙は「集団責任を重んじる日本社会の『げんこつ』はあまりに硬く、若い学生も容赦しなかった」と報じる。

落書き:伊紙「あり得ない」 日本の厳罰処分に 毎日jp(毎日新聞)

私は次のように感じましたけどね。

  • イタリア : 文化遺産より人間が大事。
  • 日本 : 人間より文化遺産が大事。

「人間を粗末にする国」ニッポンの面目躍如ですな。

Country Year Males Females
ITALY 02 11.4 3.1
JAPAN 04 35.6 12.8

Suicide rates per 100,000 by country, year and sex (WHO) より抜粋)。

10万人当たり自殺者数は、イタリアより日本が 3〜4倍多いみたいですね。この辺が、両国の「文化の差」というやつですかね。

|

« 公務員は「サービス業」なのか? | トップページ | 小姑の国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/22036530

この記事へのトラックバック一覧です: 「量刑」の問題:

« 公務員は「サービス業」なのか? | トップページ | 小姑の国 »