« ゆとり世代というより少子化世代 | トップページ | 技術の問題ではない »

2008年8月30日 (土)

「社内人件費単価」

SIer のソフトウエア受託開発での会計処理というのは、「請負工事の会計処理に準じて処理する」とされているわけですが。これは、プロジェクトごとに、直接材料費、直接労務費、直接経費、部門間接費、補助部門費を集計するというものです。社内エンジニアの人件費は、エンジニアのプロジェクト稼働時間によって、プロジェクトの直接労務費として計上することになっています。

実際、 SIer では、プロジェクトに番号を振って、エンジニアの稼働時間を把握しているはず。私の勤務先でも、自身の稼働時間とプロジェクトコードを報告しています。

直接労務費には、社内人件費、具体的には、給与、賞与、退職給付費用、法定福利費、福利厚生費などが考えられます。これらの社内人件費を各プロジェクトに直課するには、ソフトウエア開発を行う人員の稼動時間をプロジェクト別に集計し(稼動管理)、この稼働時間を基準として各プロジェクトの人件費を計算する必要があります。稼動時間単位当たりの人件費を算定する方法としては、人件費の実際原価を利用する方法と予定原価を利用する方法があります。

太陽ASG監査法人 編, 『ソフトウエアビジネスの会計実務』, 中央経済社, 2008, p.117

プロジェクトの「稼働時間単位あたりの社内人件費」、ということで、「社内人件費単価」という語を使うのは、別におかしくないのではないですかね。 SIer に勤務する者として違和感はありません。

一般的企業では、社内人件費は間接費として処理するものなのですかね。メーカーや小売業が、製品単位に社内人件費を原価として計上、というのは想像しずらいですし。

社内人件費が直接費になる、というのは、特殊な業界だけなのかもしれません。とはいっても、建設業、プラントエンジニアリング業など、請負工事を業としているところでは、同様にしているはずですが。

|

« ゆとり世代というより少子化世代 | トップページ | 技術の問題ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/23342559

この記事へのトラックバック一覧です: 「社内人件費単価」:

« ゆとり世代というより少子化世代 | トップページ | 技術の問題ではない »