« Vine Linux 4.2, Webブラウザがとっても重い | トップページ | DBサーバの性能 »

2009年2月 8日 (日)

APサーバ追加でスケール・アウトできるのはユーザ数では?

以下の一連の話を、面白いと思いながら、読ませていただきました。

スケーラビリティが上がるというのは、「APサーバの増設が簡単」ということになろうかと思います。確かに簡単に追加できますが、それはエコじゃないね〜。

SQLを使うとスケーラビリティの問題が起きる? それはエコじゃないね (ベンチャー社長で技術者で)

クライアント・サーバ・システムで、「パフォーマンスがでない」という相談を受けて、プログラムを見せてもらうと、アプリケーション側で、データベースからフェッチしてきたレコード 数百万件を集計していた、というのはよくありますね。 SQL でやれば、 数秒で終わるような処理の典型例です。

毎回、DBサーバから、ネットワーク越しにレコードを受け取りつつ、アプリケーション側でループまわして集計してたら、そりゃ遅いですよね。

また、こうした集計処理というのは、単純に「APサーバの増設」では、スケール・アウトできないですよね。それこそ、 Google の MapReduce のように、集計処理を分散して実行する仕組みがないと。

よくある、 Web(AP)サーバ ・ DBサーバ での、Webアプリケーション構成では、Webサーバ、 APサーバ の増設でスケールアウトできるのは、 同時接続ユーザ数 であろうと思うわけです。

しかし、企業内システムで、 Google や Yahoo! のように、 数千万人のユーザ がアクセスしてくる、なんてことはないわけでして。大企業でも、システムのユーザ数は、せいぜい 1万人 くらいですからね。

私も SQL という言語自体はあまり好きではなかったりするのですが(CODASYL 風味なところが)。企業内システムでは、強大な威力を発揮するというのは、確かです。仕事では、 SQL (と Oracle PL/SQL) ばかり使っていますしね。

|

« Vine Linux 4.2, Webブラウザがとっても重い | トップページ | DBサーバの性能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/27878728

この記事へのトラックバック一覧です: APサーバ追加でスケール・アウトできるのはユーザ数では?:

« Vine Linux 4.2, Webブラウザがとっても重い | トップページ | DBサーバの性能 »