« Divide by zero error | トップページ | 企業内「学校」への期待 »

2009年11月15日 (日)

本の読み方を知らない新人さん

新人:「パラメータはコンフィグファイルに記述って仕様に書いてありました」

わたし:「それがどうしてレジストリにつながるの?」

新人:「コンフィグファイルを検索してたらレジストリというのが出てきて、それを理解できないとコンフィグファイルの操作方法が分からないのかと思って...」

プログラマで、生きている: ググるな危険

この話に出てくる「コンフィグファイル」というのは、 おそらく、 .NET Framework での 拡張子 .config のファイルのことなのだろうと推測します。 Windows アプリケーションの場合は app.config 、 Web アプリケーションの場合は web.config というファイルを使うことになっています。 Microsoft の用語では、 「構成ファイル」 になっていますね。

.NET Framework の構成ファイル スキーマ ( MSDN )

.NET には、バインディングと呼ばれる仕組みがありまして、 Visual Studio のデザイナでフォーム上に配置したコントロールのプロパティと、構成ファイルの XML 要素をマッピングしておくと、自動的にプロパティを読み書きしてくれる、という機能があるんですよね。 これは、フォームのコントロールに限らず、任意のオブジェクトのプロパティで使えます。

上の話は、新人さんに、 .NET の入門書と仕様書を渡して、作業を指示した、という話なのではないですかね。入門書には、 app.config 、 web.config の説明ぐらいはあったのではないかと思うのです。つまり、この新人さんは、読むようにと渡された、入門書を読んでいない、ということになりますね。渡された本を読まずに Google で検索していると。1

入門書が読めない人に、プログラミングの仕事を教える、というのは、かなり厳しいと言わざるをえないですねえ。 Google がどうとか、受身だとか、そういうレベルじゃないと思います。 OJT で読書のやり方から教えるというのは、不可能でしょう。

学生時代、 1 冊も本を読まずに済ませてきたのだとすると、それはそれですごいですね。


1. .NET について調べるなら、 Google じゃなくて、 MSDN でしょうね。入門書を読めないレベルですと、 MSDN の資料を読むのは無理でしょうけど。

|

« Divide by zero error | トップページ | 企業内「学校」への期待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/32217879

この記事へのトラックバック一覧です: 本の読み方を知らない新人さん:

« Divide by zero error | トップページ | 企業内「学校」への期待 »