« オブジェクト指向分析設計は万能薬なのか | トップページ | SQL は高水準言語 »

2009年12月17日 (木)

日本の IT 産業はオープンになれなかった

かなり以前のことだが、日本のあるITコンサルティング会社の経営トップにこう聞かれた。私が答えに窮していると、その経営トップはズバリ言った。「ユーザー企業のレベルが低いからです」

なぜ、日本のIT産業は世界で勝てないのか? - 記者の眼:ITpro

ユーザ企業のせいにするのは、八つ当たりというものだと思うわけですけど。

オープンシステムで、米国企業が圧倒的な優位に立ち、一方、日本企業がそうなれなかった理由というのは、一言でいえば、文化の違いじゃないですかね。

例えば、こんな話はどうでしょう。

...

日本の大手ハードウエア・メーカーから、 PC サーバ機を購入すると、”簡単セットアップ CD” みたいなやつと、日本語で懇切丁寧に書かれたマニュアルが付いてきます。

米国メーカーから購入すると、英語・中国語・日本語兼用の、ペラ一枚の ”Quick Start Guide" だけが付いてきます。

日本メーカーの PC サーバ機のカタログは、写真つき・色つきの豪華なもので、見た目が華やかです。今ですと、「仮想化対応」を高らかに謳っていたりします。が、サーバ筐体の中に、どのデバイス・メーカーのどの製品が使われているか、といった情報はどこにもありません。

米国メーカーのカタログは、白黒で非常にそっけなく、まんまスペック・シートであったりします。そのため、見た目は地味ですが、サーバ筐体の中に、どんなデバイス・メーカーのどの製品、どのチップ・セットが使われているか、事細かに書かれていたりします。

日本メーカーの PC サーバ機には、もちろん、有名海外メーカーのデバイス/チップセットが使われています。 しかし、デバイスのベンダー ID 、デバイス ID を、自社工場で書き換えていたりします。

米国メーカーの PC サーバ機は、供給元のデバイス・メーカーのベンダー ID 、デバイス ID 、そのままになっています。

...

こうしたことに気付いたのは、大手日本メーカー製の PC サーバに、自分で Linux OS をインストールしようとしたときでした。 型落ちの PC サーバ機があったので、開発用に使おうとしたのですけどね。で、見事にハマリましたとさ。

思うに、大手日本メーカーは、 PC サーバ機でも、顧客囲いこみで売る戦略なんですよね。メインフレームの売り方で PC サーバを売っているような感じです。

もちろん、これは日本のユーザ企業がそれを求めているからこそ、そうしているのだと思うわけですけど。日本のユーザ企業が、メーカーの「手厚いサポート」を求めているのも確かなわけで。米国メーカーみたいに、売った後は自分でなんとかしてくれ、みたいなのは、あまり好まれないように思います。

とはいえ、オープンシステムの文化というのは、まさに米国メーカーのそれ、 Do it yourself なんですよね。

|

« オブジェクト指向分析設計は万能薬なのか | トップページ | SQL は高水準言語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80472/32636822

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の IT 産業はオープンになれなかった:

« オブジェクト指向分析設計は万能薬なのか | トップページ | SQL は高水準言語 »